隐光刻舟

萌新写手,更新随缘,
另;勾搭大触
星辰四万八千,归来仍是少年。
杂食cp
来来来发刀啦

开屏集齐了,各位太太都是神仙!
果然自己集一遍感觉意义非凡。。。
咸鱼爆肝中,先祝大孙生日快乐!
日乐快生!

猫:喵嗷,我要热死了。

消防栓炸了,特别漂亮。。。

你没有看过的日光尘23333

就是石墨文档翻译功能的一个测试,挺好玩的,感觉我可以进军日语同人区了(x不存在的)

安迷修は最近、よく眠れない。

正確に言えば、多夢だった。

繰り返される夢は毎晩時間どおりに襲来する。

それは一人の男、身长は高くて高くて高くて、青紫色の髪が少し长いけど、目障りではない。颜だけがぼんやりとしていて、どうしても抜け出せない雾のように包まれている。

「安迷修」と彼は言った。 優しい声に悲しみが込められていた。

「安迷修」

彼は口を开こうとして、原因を寻ねて慰めに行こうとしたが、口がふさがっているかのように声が出せず、目の前で相手が消えていくのを、じっと见ているだけだった。

夢から覚める。

深い悲しみが胸に糊のように広がり、呼吸はほとんどできないほどだった。

数日にわたって, 日ごとにこのようである。

それから、彼はダニエルから任務の依頼を受けた。

これでもいいし、任务があるから、もう二度とそんな马鹿げた梦は见ないだろう。

「安迷修、今回の任务は比较的特别。 雷王星の宫殿迹は元々観光地として开放されていたが、最近は観光客が深く入って行方不明になっていて、いまだに见つかっていません。 近くでインターンをしていたエクソシストも連絡が途絶えた

「今回のお前の任務は、真実を探り、行方不明者を連れ戻すことです。そしてエクソシストとして残っているので、この任務はあなたにとって大した問題ではないと思う」

「今回あなたに協力していただいたのはアビィとオングストロームです。できるだけ早く任務を終わらせてほしい」

「わかりました。」安迷修は、ミッションホールを出た。

そして、うっとうしく顔をおおった。

アビィとオングストロームは彼がリストバンドを手に出したリストバンドであり能力や人柄はみな知っている。 任務を遂行する時はかなり熟練していて長いエクソシストに負けない。

ただ、この二人は自分と親しすぎてアビィはもう子供の世代には尊敬がない。

まずはアビィオングストローム「アン・ミンス先輩、おはようございます。今日は何かご指導の内容はありますか。ありがとう先輩! 」

さてアビィアホ毛の先輩は今日騎士のアホ毛について言うのはやめましょう耳はみな繭を作ります

言わないで、たくさん言っても涙だ。

アビィとオングストロームもすでに大体の情報を受け取って駆けつけてくれたので、アンナは彼らを一目見ようと装備もそろっていて特に持ち歩くものは何もなかったので、「出発の準備をしましょう」と言った

オングストロームは手を挙げて「先輩、今度はレイ王星に行ったんですが、大丈夫ですか

それから、安の体が明らかに固まった。

主な理由は、これはアンファンがほとんど知られていない黒い歴史である。

レイ王城の地域衣装はとてもユニークです。

このユニークな特徴は、衣装が特に王家風のものであり、アン・ミョンスが幼い頃、 SIDOOH/士道と一緒に学んだのが騎士道の SIDOOH/士道だった。

当然のことながらインターンシップ期間中のエクソシストは小さなミッションを行うことに夢中になりました。

「ボス、これを入れてください! 」

「これ、试してもらえますか。ありがとうございます! 」

そして、アン・ミョンスに会ったとき、アン・ミョンスさんに知らせられた。

レイ王星は、凹凸星域の北部で最も華やかな星で、王城の消費水準はさらに高い。

それから、安迷修は一ヶ月分の土を食べて、その时の支払いはすべて足りませんでした。

買い物には危険が伴うので, 手を切るには用心深い。

ですから心的外傷はとても難しいのです。

「まったく问题ない! 行こう! 」アン * が苦しい笑颜を见せました。迷修。

どの角度から见ても问题です

しかし、職業のエクソシストである自然は萌えだけを挿入するわけではない。

レイ王星は荒れ地ではない。陸地開発から少なくとも100年は経っているのですそれに、地縛霊の大きなエリアと言うまでもなくこの地域の地縛霊が生まれるのは困難です。

100年前から存在していた地縛霊でなければ、今再び活動しています!

ヘッドバンギングをフリーにして、この恐ろしい構想を打ち捨てようとしたところで、今回のミッションは全くの予想とは全く别のことだった。

そしてそうなれば、入っていく人は、ほとんど行って帰らない。

见ているうちに好きなお姉さんたちを见て、アンファンは话すつもりはありません。

このようなことは、自分で负担すればいい。たとえ鬼王クラスのライバルに出会ったとしても、少なくとも彼らの撤退を援护することができる。

これは先辈としての责任だ。

船が到着したときの王城の繁栄の光景は、行方不明でパニック状态になることはまったくなかった。

無知こそが最も恐ろしいこともあります。 安ファンは心を鬼にした。

「しっかりついて、二人とも、任务に入るときは常に用心してください。」

「知っていますアホ毛先輩アビィがおざなりな答え。

「现场でのミッションと日々のトレーニングを実行するというのは二つの概念です。」

「リラックスしすぎて、ミッションが失败し、即死する可能性がある。」

目の前の宫殿を见ていたアンファンは、厳粛な口调で目の前に现れた。

「しかし、先輩は単なる行方不明者の捜索ではないのか。危険ではないだろうか。

「そうだね... ... そんな简単なことじゃなくて、ただ私の推测だけど、すべて顺调にいって最高です。"

安迷修をはじめ、これまでに掲示されていた人员の行方不明地域に入った。

长い廊下には、古くなった原则によって照明が使用されるのはやはり古风なランプで、内装も旧式の壁纸と床板です。

「偽史星にはこんな偽史があったということを覚えているが... ... 最後の時代の皇位簒奪王が正常な手続きに沿って行われたという記録があるようだが、実際には当時の皇位簒奪が皇居を焼き払い、当時の皇子が反乱を鎮めて皇位を取り戻したということだったが... 」。

「そうか、それでは、この騒ぎの怨霊が、当时の反乱に失败した太子だったのかもしれない」と、安迷修は可能性の一つに。

「いいかい、今回の集中的な家宅捜索は、王宮本殿、三皇子と太子の宮殿であり中平の英雄を記録した寝殿から始めよう」。

アン・ミンスが話した直後の音が鳴り響いた。「レイ王星へようこそ、レイ王星皇子・・・住む宮殿... 」

オングストロームの爆発音がオングストロームの瞬間に鳴り響き、背後の通路が崩れて出口が塞がり、動悸の強い霊圧が遠くからこちらに早く移動してきた。

オングストロームあんたこのアビィはオングストロームをひどくたたいてやった。

〈武器を取り出せ, 准备しろ! 〉安迷修は剣を抜いて、まだ変わっていない方へと身を乗り出した。

「彼はここにいます」

実際、アン・ミョンスによると、二人とも初めて連盟に入ったプライベートではなく「キャプテン翼」と「悪魔の手」はすでに配置されており、あまりにも速すぎた霊圧を受けていた2人はほとんど言葉を失っていた。

【面倒くさ】、安迷修は一目でかろうじて一目で支えていた二人をちらりと见た安迷修は、何かあったとしても、少なくとも自分で彼らの撤退を援护することができると思っていたが、道路は完全に闭锁されている ... ... この怨霊を打ち破ることができることを望むしかない。

アビィがかろうじて前方に矢を放ち、強い矢が空中で何か見えないものによって消されてしまった。隠れた者が現れる。

「弱すぎる」という言葉があるだけでアビィの末のアビィとオングストロームをすべて倒した。

アン・ミョンスは2人の後輩を軽く隅に投げ込み戦闘フレンドリー・ファイアを避けた。

「あなたが今回の鬼を作った主人公でしょう、どういう目的で? 」と安迷修は、沈黙のあいさつをした。

「おいおい、ベンおじいさんは、あなたに说明する必要がありますか、安迷修? 」暗い中の人の姿ははっきりしていて、背の高い男性はハンマーの形をした武器を持って、背后の空気も强大な霊力のために暗く见えるようです。

「さっき何を言いました? 」アン・ミンスは自分の耳を信じることができません。

「やっぱり何も覚えていないんだな... ... 」その人は独り言を言って、すぐに手に持っていた武器を持ち上げると、その力が滚るようになって、こっちに落ちてしまった。

安迷修は一抹の怠慢もなく、手にした霊武「凝结」と「流觞」が発动し、冷たい空気がぶつかり合う间に巨大な旋风を巻き起こし、雷霆と対峙して、少しも衰えません。

「百年になって、やっとまた中毒することができるようになった。」相手は笑いながら「じゃあ、また! 」

アン迷修は、少なくとも100年にわたって不平を言う怨霊の攻撃を受け、ひっくり返って重いハンマーの爆撃を避けた。

"こんなに长い间、あなたはまだ同じくらいつまらないですか、安迷修。」

「あなたは一体何者なのか、どうしてわたしの名前を知っているのか」と守备姿势を崩さないとともに、安迷修は警戒心を持って质问します。

「そういえば、覚えてないんだけど、本当にひどいな、バカ骑士」相手の颜に、むしろ「仆を杀したシーン、覚えてるか、ナイト? 」

その颜が近づいてきて、アンファージュの头が急に痛み出した。

"你就是安迷修啊, 切, 还想是什么强害的人物呢?"小さな少年は派手な身なりで见ている。

「骑士道はそんなに大事なのか? いや、认めるよ。」彼は目の前で袭われて伤だらけになって、地面にすわっている少年を见て、目の中の光芒は少しも少なくなく、意地っ张りな目つきをしていた。

「アン・ミンス、今は私が王だ。私はあなたのことが好きだと言えるだろうか。少年の顔の青い渋みが少なくなく、 FUN! FUN! FANFARE! のオナラブルの王冠、彼のアイデンティティを持っている。

刃が胸元から突き出ると、不思议そうな表情が彼の目にとまり、突然笑い出した。

「私はとっくに知っているべきだった。それは誰が王根であるかということとは全く関係がない

「あなたにとって唯一大切なのは SIDOOH/士道のみです

ナイトにはたった一人のキングしかいないんだよ」

「でも私はまだあなたが好きです、バカの骑士」彼の目に映った星が落ちていった。

だから见えない。その骑士の剣もまた自分の体を贯いている。

私もあなたが好きで、これは骑士が王に言うに间に合わない言叶です。

これまでの夢よりも数え切れないほどの悲しみの波が押し寄せてきたことに比べれば、胸はほとんど理不尽に炸裂しそうです。

「どうして... ... なんだ、幻术? 」と、安迷修は困难な状态で意识を维持していて、次の瞬间に突然気を失ってしまうのを防ぐ。

幻覚を起こすことのできる怨霊が記録にないわけではない。安迷修自身も出会ったことがあるが、それほど現実味があるのだろうか。

相手は隙を狙ってこそこそしているのではなく、むしろ口元に笑いを浮かべている相手は、今この瞬間を楽しむことができる。 「教えてくれた时、その义理は厳しかったですね。」

「幻想を区别することで私を混乱させると思うなよ、ライオン! 」と叫び出すと、アン・ヒョンスは呆然とした。

彼はなぜこの怨霊「ライオン」と呼んだのか

これまでの環境は常に第一の見方でしたが相手の称号だけを持っていてライオンというキャラクターは、まったくなかったのです。

彼は自分が初めてこの景観地帯に接したのは確かだったし、噂さえ聞いただけで、何も言わなかった「ライオン」のことは何も言わなかった。

ライオンって誰?

この怨霊は、雷狮なのか?

「あなたがどういう意味であれライオンであろうと皇子であろうとも私の任務は、ここであなたを浄化することです」「また流れるようになりました」、ということです この相手を再び直視する。

「やっぱり忌まわしい骑士宣言だな。」相手が手に雷を巻いた大鎚を振りかざし、「できるものならやってみてください。」

对方能操纵雷电, 在远距离战斗上有非一般的优势, 反观自己, 不过冷热流撞撞也能制ハリケーン, 无法攻击, 但这招不错, 因为冷热流撞撞也能制ハリケーン 足の指で考えてみても、鬼王クラスの相手とパワーメモリを竞うのは死ぬほどのものだ。 近距离手段が分からない、雷を使う方法があるかもしれませんが、弱くなることはないと思いますが... ... 远隔の消费よりずっといいです!

距離を近づけろ! 判断の第一段階に身体が対応し、相対的に広いホールではなく、エクソシストの移動速度も冗談ではなく、華やかな装飾が台無しになってしまう しかし、安迷修は最小限の体力でライオンの攻撃を避けることと余波を続けることができる。

あああんなにたくさんのものがあいつに壊されちゃった! いくら払ったら高いんだろう! 连盟が全额支払うことができるだろうか? そうでなければ百年も働けるわけがない アンファンシュの心もうなる。

壁を踏みつけて跳ね返り、ようやく距离を近づけることができるようになりました。相手がハンマーを持ち上げるのを见ると、気违いじみた笑みを浮かべることができる。

「雷神-召唤! 」ハンマー持ち込まれて以前とは比べ物にならないほどの雷电が落とされ、冷热の流れが胸元に当たっても壊灭の一撃に耐え切れず、ほぼ一瞬にして安の迷いが床にはめ込まれてしまう。

「オレは... ... 」普段から优雅にふるまう骑士(ナイト)は珍しく暴言をふるって、自分はそんなに愚かに相手の最强の一撃にぶつかり、肋骨が大きく折れて动けなくなってしまった。

しかし、相手はもう手を引いて、安迷ははっきりしていて、さもなければここで息をきらし続けることはできなかった。 原因は不明だが、相手の颜の表情は、彼が间违っていなければ、子供のように自分の得意を证明するのだろうか?

やっぱり攻撃しないなんて、相手は本当に気まぐれなのか。 伤口を霊力で封じ込めた安迷修は、再び立ち上がった。

「まだわからないのか、お前には勝てない」相手の口からそう言われると、目のパロディが相手を唆した。

安迷修は话すことはなく、1つのターン、両刃の冲突、激しい気流が入り口の石の块を飞ばして、力いっぱい「早く走れ! 」

彼は床に倒れた時アビィとオングストロームが既に目覚めているのを見た。

彼は本当にこの人を倒すことはできないかもしれないし、自分がどういう関係があるのかも分からないが、先輩として、自分と一緒に任務を遂行する後輩を守る責任がある。

彼らは何も悪いことをしなかった。

「あなたはどうしますかアビィオングストローム、アン・ミョンスが引きずっています「あの怨霊はとても強いでしょう私たちはあなたと一緒に... ... 」

"安心しろよ、安ファンが笑颜を见せてくれた。「俺は最后の骑士だぞ。」

「人をだますな! バカ骑士、きっと—— --

生き残るんだ! 」

"安迷修、相変わらずうそをつくのが好きなんだね。「相手はダンスでハンマーをして、「今のあなたは私を打ち负かすなんて言わないで、弾いてみるのも大変でしょう? 」

「約束したからやってみせる」と彼は振り向いて, 雷神のようなライバルを直視した。

「私が手を出さなければ安全だと思っているのかい? 」ライオンが突然一言、言いました。

「罠を仕挂けちゃったの! ? 」と関节のつまらない音がする。

「私はまだあの弱い鶏に手を出すこともないけど、レイ王子の王室についての伝说を忘れてしまったのか? 」

安ファンは1度頭を下げる。

雷王星太子反逆、三皇子によって镇圧され、皇位を継ぐ

怨霊が生み出す根本的な存在論は念を持ち、もしこの人が本当に三皇子ライオンなら、外にも同じように危険な太子が、あちこちをさまよっている!

「これまで観光客とエクソシストが行方不明になったのは、いったい君たちのだったのか」

「そう言えば、あいつはあまりにも积极的すぎて、自分で飞び回って幻想を立てて入ってきて、ほとんど狩りをされてしまった。だからここは今、霊力が十分で、戦うのに十分なほどです。」

「でもついてなかったら私のところに来ることができなくて、私も放さないでください。」と、雷狮は唇を润し、邪魅の笑みを浮かべた。

「やっぱりお前はこの悪党(薬丸岳)をきれいにしなければならない」安迷は剣を握り締め

「でもその前に、やっぱりあの太子が优先すべきだと思うよ。」

「2人の弟子を心配しないの? 」ライオンはちょっとおもしろかったですよ。

「アビィとエイミーはあなたが思っているほど弱くないし、自己保身の能力はある」と言って、これを黙殺しました

「ふざけるな! 早く终わらせたいんだよ。あいつはもともと毎日仆のことを暗杀しようとしていたんだ

そう言っていると、前よりも何倍も大きな音がした。

「どういうことだ。太子はお前と同じ时代のものじゃなかったのか、怨霊の力は年代によって违うのだろう。いまどきの怨霊はお前より何倍も强いとは知らなかったようだ アビィやオングストロームが本当に危ないかもしれない。

「なんて太子なんだ! 太子と同じレベルじゃない! 太子はいまさら「それ」に饮み込まれてしまった... ... くそ、明らかにこんなに早く动き出さないと言ってたのに、やっぱり最初から信じないほうがいいな... ... 」と、雷狮が歯を食いしばった。

「おいおい! お前の言っているあの【それ】はいったい谁なんだ。

「ちぇ、本当のことを言っただけだ。」

「この空间に、本当の支配者、つまりお前たちが言う鬼王は、実はわたしや太子ではなく、最近访れた怨霊である。」

「私は彼の正体はわからないが、彼が来てから、百年间眠っていた私たちは、いつの间にか目が覚めてしまった」

「彼に挑戦したことはないけど、10回もやってみたが、いつも惨敗していた。 そして彼の存在は非公式なエクソシストを引きつけてオーラを引き寄せてくれたので私も喜んでそれを楽しみ、太子はこの段階に乗って体内の霊力ある人々を、狩りに費やしていました

「あいつの自意识はあまり健全じゃなさそうだけど、离れるなんて言ってたけど... ... あいつが今こんなことをしてくれたんだ! 」

「君はここに残って、私が解决します。ここは比较的安全です。「雷狮が出かけようとしたところ、ファンに引っぱられて、「私も行く」

「あれは俺の后辈だから、ここに座ってばかり座ってるわけがない。」

「ちぇ、自分でも歩けないし、まだ强い。」

「无駄なところで体力を无駄にしたくないだけなんだ。」安迷修は首をかしげる。

「死んだんだから、私があなたに注意しないでください。」

「言いたいことはお返し悪党(薬丸岳)。」

ライオンのミョルニルにもたれかかっていた二人は、早く石の山の中から一つの道を切り開き、前の安賢洙よりはるかに速い。

外の宫殿はすでに廃墟と化しており、多くの観光客が石の块に押しつぶされて、悲鸣を上げる悲鸣とともに、どこまでも数え切れないほど多い。 そして、その場所を破壊することは、まるで光を吸い込むかのように、黒い穴のように焦げているのです。

「どうして... ... こんな破壊を... ... 連盟の絞首刑になることを恐れないのか! 」アンナは意识を修复して通信机を取り出し、一片の盲音を得る。

「役に立たないのは、あいつが引いた霊力の潮だけで、これを破弃するには十分だろう。」霊子の通信机を使うと、かなり不利になります。

「それに绞杀? ふざけてんのか? 全く一方的な死だろうか? 」

"あなた自身も彼の强さを感じることができて、私は言った。あなたは彼を一人で倒せるとは思わないだろうか? 」ライオンは、もう一つの例をあげると、アン・ヒョンスは反論もせず、ただ破壊してしまった怪物をじっと见つめているだけだ。

「だからどうしたんだ! 」と彼は叫んだ。「あいつに勝てるわけないだろう。お前より強いんだから、おまえにもかなわないけど、だったらどうしよう! 」

「彼は破壊している、その多くの人々がそこにいて、あなたは私に彼らが死ぬことを见ることを望みますか?"

私は弱いものを大切にすると誓います。」

「私は強姦に立ち向かうことを誓います。」

「すべての間違いに立ち向かうことを誓います。」

「武器を持たない者のために戦うことを誓います。」

私は助けを求める人を助けることを誓います。」

私は自分の誓いを守るために命を捧げます。」

レイ・ライオンが先に駆けつけてきて、黒いホールと同等の大きさのミョルニルをすると相手も痛みを感じて手を伸ばしました。

「无视しないでください! 」と、影の手に、突风は势いよく攻めてくる。

2人は力を合わせて抵抗しているが, やはり劣勢に陥り, 全く破局のないチャンスを逃した。

「お前、この野郎、見つけたら逃げるつもりか。こんなに長い間レイ王星はあなたにひっくり返されるべきでしょうどうして転がっていないのか。また一回の攻撃のやり取りでミョルニルが吹き飛ばされライオンの喉を絞め殺されました。

"彼は... ... 彼はどこに... ... 教えてください! 」

「あなた、彼の... ... 味がします。」相手の手が突然安迷に伸びてきて、「彼はどこにいるの? 」

安迷修は避けられず、体力も霊力もほとんど消耗してしまう。

强い怨霊であり、鬼王クラスのライオンでさえ抵抗する方法はなかった。

「安迷修! 」と大手に覆われるその瞬间、彼は何か温かいものに抱かれているように感じた。

「んっ! ... 」ライオンの苦しみのうめき声が伝わり、安迷修は透明な体をして、心臓がぽきっと漏れてしまった。

彼は背中を使って、暗い穴の攻撃を背负って、体を引き裂かれた穴を开け、百年来蓄积してきた霊力が光点を散らしている。相手を追い出そうとするかのように、彼は自ら霊力を燃やしてしまう ブラックホールの手にも炎がついていた。

「どうだ、ここにいるのか? 」と、ライオンの弱々しい皮肉が伝わり、相手も兴味津々に手放す。

「そこ... ... 彼の味は... ... もっと濃い」「ブラックホールは姿を消すまで姿を消して、雷狮はほっと息をついて、「やっと行ってしまった、この怪物。」

「雷狮! お前は... 」相手の背后にある恐ろしい穴を见つめていて、口を开けても何も言えない。

ライオンは死んでしまいました。 彼は罪悪感に満ちていたが、何もできなかった。

彼は何も変わらない。

「あなたの力強いエクソシストを吸収して回復するかもしれない。弱かったけど、 s クラスというやつなのかもしれないなぁ」

「本当に? これでいいのか! 」とファンシスターの修行に希望がわいてきた。

あなたはやっぱり普通の马鹿じゃないですから、ちょっとだますと信じてしまいました。」

「えーと・・・」安迷修一时间、どう答えたらいいか分からない。

「前の大失败をした太子さんのほうが私より强いと思うだろう。あなたたちがそういう言い方をしてくれると思うでしょう。実际には彼は私の相手ではなく、私の执念が强くなっている。」。

「私の执念はあなた、安迷修。私はいつかあなたの承认を得て、たとえあなたの手で杀された后でも、私はずっと望んでいます。"。

「思い出したよ、ライオン」アンファンはうつむいて、声が少し震えて、「あなたはいつも私のことが好きだったでしょう。」

「ごめんなさい、実は私も... ... 」

「もういい! ナイト、本当に嘘をつかないんだね、芝居ってそんなに似てないんだから」

「わたしは」

「でも、骑士の宣言に反して嘘をつかせることができて光栄だ」と笑颜を见せた。

「君が覚えていないなら、私はあなたを責めていません」炎の勢いは増しています。

「もう百年以上も待ってきたから、もうちょっと待ってもいい」彼の姿はだんだん崩れて、星のように宙を舞っていました。

「私の执念は完成です。あなたは帰って交差します。」と彼は笑った。

「もう二度とあの変な梦は见ないだろう。」

"もし可能なら、次回は本当にあなたの真剣な告白を闻くことができることを愿っています。"安迷修下意识は彼の手をつかみ、何もなかった。

「ライオン... ... 」

记忆は潮のように无理に脳に押し寄せ、雷狮にまつわる彼の自分の、すべてが戻ってきた。

溺れそうな痛みが心臓に満ちているようだった。

前回の彼は、どうしてあんなことをしたのだろう!

ようやく记忆が回复した人は、待っている人はもういない。

私もあなたが好きです! あなたより少しも好きではありません

すべては、次の顺番まで待たなければなりませんか

—————————————————————————

そうだ、またその前の奇妙な怨霊が、连盟を报告しなければならない!

彼は通信機をつけたが、最高レベルのチャンネルが一足先にニュースを送っていることがわかった。

エクソシストと連盟の幹部がいくつかあるチャンネルには感嘆符が3つしかありません。

シルバーだ!

しかし、干部が介入しているように见えるが、银爵なら大丈夫でしょう。

その後、安教授は戦場から遠く離れた場所でアビィとオングストロームを見つけた。

「戦うのはだめ、逃げるのは速いんですけど... ... 」

「もちろんだ」オングストロームは、「動くなということはないだろう

「ああ、馬鹿ライダー! 心配させるぞアビィの拳が暴風を巻き起こす。

「まあいい」后辈の头をなでてみました

「家に帰りなさい」

日光尘 (安雷,驱魔人)

我咸鱼刻舟又回来(作)啦!
今天介绍的是如何打造一把好刀!
首先摸出刀的雏形,然后在刀尖打磨,加上血槽,刀背不要忘了加倒刺哟(*´∀`)skr~。
一把好刀就打完了!
话说我写的cp怎么永远都没有强烈的攻受差异感。(因为你不写车x)
求赞求关注求喜欢求评。。。
安雷的这篇后期会放出前传的!如果热度高的话会考虑写银黑的驱魔人!
谢谢大家听我这个咸鱼bb!


安迷修最近睡眠质量不佳。

确切来说,是多梦。

重复的梦境每夜准时袭来。

那是一个男人,身形高大挺拔,蓝紫色的头发有些偏长,却并不碍眼,只有面孔是朦胧不清,像被怎么也无法穿透的雾气包围着。

“安迷修。”他说。温柔的声音里带着悲伤。

“安迷修。”

他想要开口,去询问原因,去安慰他,可是嘴却像被塞住了一般不能出声,而后只能眼睁睁地看着对方整个人在眼前渐渐消失不见。

从梦中醒来。

浓重的悲伤在胸口那里像胶水般弥散开来,压抑的让人几乎无法呼吸。

一连数日,日日如此。

然后,他接到了丹尼尔的任务委派。

这样也好,身上有了任务,大概就不会再做那种荒谬的梦了。

“安迷修,这次的任务比较特别。雷王星的宫殿旧址本来是部分作为景点开放的,但是最近有游客深入后失踪了,至今没有被找到。还有几名附近实习的驱魔人也失去了联系。”

“这次你的任务,就是探查真相,并把失踪人员带回来,作为硕果仅存的S级驱魔人,我想这个任务对你来说并不困难。”

“这次协助你行动的是艾比和埃米,希望你能尽快结束任务。”

“我明白了。”安迷修走出了任务大厅。

然后郁闷地捂脸。

艾比和埃米是他一手带出来的驱魔人,能力和人品自己都了解。执行任务时相当熟练,不输给一些职业生涯已久的驱魔人。

只是这两个人因为和自己太熟了,艾比现在一点后辈该有的尊重都没有了。

最开始:艾比&埃米:“安迷修前辈,早上好,今天有什么指导内容吗?谢谢前辈!”

现在:艾比:“呆毛前辈,今天就别再叨叨那套骑士道了行吗,耳朵都要长茧了。”

不说了,说多了都是泪。

艾比和埃米也已经收到大致信息赶了过来,安迷修扫了他们一眼,装备齐全,没什么特别的要带的,于是说:“准备一下出发吧。”

埃米举手问:“前辈,这次去的是雷王星,没问题吗?”

然后安迷修的身子就很明显地僵了一下。

主要原因是这是安迷修一个鲜为人知的黑历史。

雷王星皇城区域服饰非常有特色。

这个特色简单来说就是服装特别有皇家风范,而安迷修小时候跟师傅学的就是骑士道。

所以非常理所当然的,还在实习期间的驱魔人安迷修到那里执行一个小任务时就被迷得走不动路了。

“老板这件给我装起来!”

“这件能试一下吗谢谢!”

然后结账时安迷修才知道了一个消息。

雷王星是凹凸星域北部最繁华的星球,皇城的消费水平更不用说。

然后安迷修就吃了一个月的土,当时付账的钱都差点不够。

购物有风险,剁手需谨慎。

所以说,有的心理创伤还是相当难以平复的。

“完全没问题!走吧!”安*露出了艰难的微笑*迷修。

无论哪个角度看都是问题……

不过身为职业的驱魔人,自然不是只会插科打诨吐槽卖萌的。

雷王星并不是什么蛮荒之地,开发了陆陆续续至少有一百年了,更不用说作为景点人流量巨大的皇宫区域了,这种区域地缚灵的产生实在是难之又难。

除非……是百年前就已经存在的地缚灵,现在再次活动了!

安迷修甩了甩头,试图把这个可怕的设想抛开,真是那样的话,这次的任务就完全就完全跟预想的两回事了。

而且那样的话,进去的人,基本也是有去无回。

看了看一边相谈甚欢的姐弟俩,安迷修不打算说出来。

这种事情,自己承担就好,哪怕真的遇到了鬼王级别的对手,自己至少还能掩护他们撤退。

这是自己身为前辈的责任。

飞船到达时皇城一片繁荣的景象,完全没有因为失踪现象出现恐慌的样子。

有时候,无知才是最可怕的。安迷修心道。

“跟紧了,你们两个,进入任务场所时记得时刻保持警惕。”

“知道啦知道啦呆毛前辈~~”艾比敷衍地回答。

“真正执行现场任务和日常训练可是两个概念。”

“太放松了,是有可能任务失败,甚至当场死亡的。”

安迷修看着眼前的宫殿,语气里的严肃扑面而来。

“可是前辈这次任务不是单纯的搜寻失踪人员吗?不会很危险吧?”埃米举手提问。

“我觉得……事情没那么简单,也只是我的猜测,一切顺利自然最好。”

以安迷修为首,三人踏入了之前标出来的人员失踪区域。

长廊里按照修旧如旧的原则,照明使用的还是古朴的油灯,装修采用的也是旧式的壁纸和地板。

“我记得,雷王星有这样一个野史吧……好像是说虽然记载上最后一代雷王星国王是按正常流程进行的,但是实际上当时太子篡位,起兵时火烧了皇宫,最后是由当时的三皇子平定了叛乱,夺回了皇位……”埃米在旁边补充道。

“这样啊,那有可能这次闹事的怨灵就是当时叛乱失败的太子呢~”安迷修把这个列入可能性之一。

“听好了,这次重点搜查的区域是王宫主殿,三皇子和太子的宫殿,就此那个记录中平叛的英雄的寝宫开始吧!”安迷修在最前,艾比和埃米跟在后面。

“还真是气派啊,感觉到处都很值钱的样子……”安迷修刚刚说话身后的音响就响了起来:“欢迎各位游客来到雷王星,这里是雷王星三皇子……居住的宫殿……”

“原来是解说啊,吓死我了……”猛烈的爆炸声在埃米庆幸完的瞬间响起,背后的通道塌陷堵死了出口,令人心悸的强大灵压从远方向这边迅速移动过来。

“埃米你这个乌鸦嘴!”艾比狠狠敲了一遍埃米。

“武器都拿出来,都准备好!”安迷修拔出双剑,压下身子看向还未有变化的前方。

“他来了。”

其实并不用安迷修特意提醒,两个人都不是初入联盟的菜鸟,【天使之翼】和【恶魔之手】早已就位,只是过快逼近的灵压压的两个人几乎说不出话来。

【麻烦了】,安迷修抽空瞥了一眼瞥了一眼背后勉力支撑的两人,原本想着就算有什么万一至少自己还能掩护他们撤退的,现在道路完全封锁,就……只能寄希望于自己能够打败这个怨灵了。

艾比艰难的向前方射出一箭,强力的箭矢在半空中被什么无形的东西抵消了一般不见,隐隐有人形现出来。

“太弱了。”仅仅是一句话,便让强弩之末的艾比和埃米都倒了下去。

安迷修把两个后辈轻轻扔到角落,避免战斗误伤。

“你就是这次搞鬼的主人公吧,出于什么目的?”安迷修沉声问道。

“喂喂,本大爷做事还需要和你解释吗,安迷修?”黑暗中的人形清晰起来,身材高大的男性手持锤子形状的武器,背后的空气似乎也因为强大的灵力显得暗淡。

“你刚才说什么?”安迷修有点不敢相信自己的耳朵。

“果然是什么都记不得了啊……”那人自顾自低语了一声,随即举起手里的武器,那片灵力化为滚滚雷霆,向这边砸下来。

安迷修没有丝毫怠慢,手中灵武【凝晶】和【流焱】瞬间发动,冷热空气碰撞间卷起巨大旋风,与雷霆相击,毫不示弱。

“一百年了,终于能再次过瘾地打上一次了。”对方咧开嘴笑起来,“那么,再来!”

安迷修没有傻到硬接至少百年阴岁的怨灵的攻击,一个翻滚堪堪躲过重锤轰击。

“这么久了,你还是一样无趣啊,安迷修。”

“你到底是什么,为什么会知道我的名字?”保持着防守姿态的同时,安迷修保持着警惕质问对方。

“话都说到这份上了还不记得,真是过分啊,白痴骑士。”对方脸上反而露出笑来,“那么当初亲手杀了我的场景,还记得得吗,骑士?”

那张脸靠近过来,安迷修的头突然剧痛起来。

“你就是安迷修啊,切,还以为是什么厉害的人物呢。”小小的少年衣着华丽,不屑地看着他。

“骑士道就这么重要吗?算了,姑且承认你好了。”他看着眼前被人袭击伤痕累累,瘫坐在地上的少年,眼中的光芒一点未少,倔强的眼神毫不掩饰。

“安迷修,现在我是王了,我可以说,‘我喜欢你’了吗?”少年脸上的青涩褪去不少,头上的王冠闪闪发光,映衬着他尊贵的身份。

利刃从胸口穿出,他眼里不可思议的神色一闪而过,然后突然笑了。

“我早该知道的,这跟谁是王根本没有关系。”

“对你而言,唯一重要的,只有你的骑士道,

一个Knight只会有一个King。”

“但是我还是一样喜欢你啊,白痴骑士。”他眼中的星星陨落了。

所以也看不见,那位骑士的剑同样深深贯穿了自己的身躯。

【我也喜欢你】,这是骑士来不及说给那位王听的话。

比起前些日子梦中还要强烈无数倍的悲伤巨浪般滔滔而来,胸腔几乎要被不讲道理地炸裂。

“怎么……回事,幻术吗?”安迷修艰难地维持着神志清醒,防止自己下一刻突然昏过去。

能够产生幻觉的怨灵在记录上并非没有,安迷修自己也遇见过,但是这么接近真实的,该说不愧是古地缚灵吗。

“你这幅样子可真丢人,安迷修。”对方并没有趁机偷袭,反而嘴角勾起,恶趣味地欣赏自己此刻的洋相。“当初教训我的时候那份义正严辞呢?”

“别以为区区一个幻境就能迷惑我啊,雷狮!”奋力吼出来之后,安迷修自己都愣住了。

【他为什么会叫这个怨灵“雷狮”?】

之前的环境里一直都是第一视角,也仅仅有着对方称呼自己的片段,完全没有“雷狮”这个角色的出现。

他很确定,自己是第一次接触这个景区,连传闻也只是刚刚听埃米说了一遍,无论什么都没有提到这个“雷狮”。

那么“雷狮”是谁?

这个怨灵,就是雷狮吗?

“好吧,我不管你到底是什么雷狮还是太子三皇子的,身为联盟S级驱魔人,我的任务就是在这里净化你。”【凝晶】与【流焱】再度闪耀,安迷修把那些片段搁置一边,重新正视这个对手。

“还是一贯让人不爽的骑士宣言啊,”对方挥动手里缠绕雷电的巨锤,“能做得到的话就尽管来试试好了。”

对方能操纵雷电,在远程战斗上有非一般的优势,反观自己,虽然冷热流碰撞也能制造飓风,勉强称得上是远程攻击,但是这招消耗过大,用脚趾头想想也知道和鬼王级别的对手比拼灵力储量简直是找死。近距离手段未知,可能会有使用雷霆的方式,但是想必也不会弱到哪里去……比远程消耗好多了就是!

要拉近距离!身体在作出判断的第一时间做出了应对,雷龙在相对而言不算宽广的大厅咆哮,而资深驱魔人的移动速度也不是开玩笑的,处处华丽的装饰被毁坏,而安迷修能坚持着以最小化的体力消耗躲避开雷狮的攻击和造成的余波。

【啊啊啊这么多东西都被那家伙毁掉了!得赔多少钱啊一看就很贵的样子!联盟能不能全额报销啊不能的话打一百年白工我也还不起啊!】激烈战斗的同时,安迷修的内心也在咆哮。

踩在墙壁上一个借力反弹,终于把距离拉到足够近的位置,安迷修甚至可以看见对方举起锤子时脸上疯魔的微笑。

“雷神-召来!”重锤携带与之前不可相提并论的巨量雷电砸下,冷热流挡在胸前也抵消不了这毁天灭地的一击,几乎一瞬间安迷修就被镶进了地板。

“我靠……”平时以温文尔雅著称的骑士罕见地爆了粗口,自己就那么傻乎乎地撞上了对方的最强一击,肋骨大概断了不少,痛得不能动弹。

但是对方已经收手了,安迷修清楚得很,不然他也没有可能继续在这里喘气了。虽然不明原因,但是对方脸上的表情,他没看错的话,是小孩子般证明自己后的得意?

居然没有趁机攻击,该说对方还真是坦荡吗。安迷修用灵力封住伤口处的知觉,再次站了起来。

“还不明白吗?你赢不了的。”对方嘴里说着这样的话,眼里戏谑的光却怂恿着对方继续。

安迷修没有说话,一个转身,双剑碰撞,剧烈的气流掀飞了入口堵着的石块,用尽所有力气吼出来:“快点跑!”

之前倒在地上的时候,他就看见艾比和埃米已经醒过来了。

他或许确实打不过这个人,也不肯定自己和他到底有没有什么关系,但是身为前辈,他有责任保护好和自己一同执行任务的后辈。

他们没有做错,任何事。

“那你呢,你怎么办!安迷修!”艾比被埃米拖着,“那个怨灵很强吧!我们跟你一起……”

“放心吧,”安迷修露出一个笑容,“我可是最后的骑士啊。”

“不许骗人!白痴骑士,一定要——

活下来啊!”

"安迷修,你还是这么喜欢骗人啊。"对方舞了舞锤子,“现在的你别说打败我了,连动弹一下都难吧?”

“我承诺过了,就会做到。”他转过身,正视雷神一般的对手。

“你真的以为我不出手,他们就安全了吗?”雷狮突然冒出一句话。

“你设置了陷阱!?”安迷修关节捏的咔擦作响。

“我还懒得对那些弱鸡出手,不过你忘了关于雷王星皇室的传说了吗?”

安迷修一怔。

雷王星太子反叛,被三皇子镇压,由其继承皇位……

怨灵产生的根本原因是执念,如果眼前这个人真的就是三皇子雷狮的话——外面还有一个同样危险的太子在四处游荡!

"所以之前游客和见习驱魔人失踪的事件,究竟是你们哪个干的?"

“这么说吧,那家伙太主动了,自己蹦跶着设置幻境引人进来,基本都被他狩猎了。所以这里现在灵力这么充足,甚至足够支持我尽情战斗。”

“不过有运气不好闯到我这里的,我也不会放走就是了。”雷狮抿了抿嘴角,邪魅的笑了一下。

“果然你这个恶党还是非净化不可。”安迷修握紧双剑,

“不过在那之前,我还是觉得那个太子该优先解决。”

“你不担心自己的两个徒弟?”雷狮笑得有些玩味。

“艾比和埃米可没你想的那么弱,自保的能力还是有的。”安迷修对此置若罔闻,"所以你是要阻止我吗?"

"开什么玩笑!我巴不得他早点完蛋。他当初可是天天想着怎么暗杀我。"对方语气里满满的都是不屑,“不过说实话,真正的麻烦倒还不是他……”

正说着,外面突然传来了比之前还要剧烈数倍的声响。

"怎么回事,太子不是和你相同时代的吗,怨灵的力量是根据年代的不同而产生差异的吧,现在看来那个怨灵不知道比你强出来多少倍啊!"安迷修心急如焚,这样下去,艾比和埃米搞不好真的会有危险。

“那TM哪里是太子了!它跟太子可不是一个级别的!太子现在搞不好已经被【它】吞噬了……可恶,明明说好不会这么快出来活动的,果然一开始就不该相信【它】吗……”雷狮咬牙咒骂道。

“喂喂!你说的那个【它】到底是谁啊!”安迷修听的一头雾水。

“切,只有实话跟你说了。”

“这个空间里,真正的支配者,也就是你们说的鬼王,其实并不是我或者太子,而是最近到来的一个怨灵。”

“我不知道他的身份,但是自从他来了之后,沉睡了百年的我们毫无预兆地跟着醒来了。”

“我不是没有尝试过挑战他,但是一共十次,每次都是惨败。而且他的存在似乎吸引了不少非正规的驱魔人,带动了这片区域的灵气,所以我也乐于坐享其成,而太子,他就趁着这个阶段拼命狩猎体内富有灵力的人增强自身。”

“那个家伙的自我意识似乎不是很健全,但是说过了会离开,谁知道……他居然现在给我整了这一出!”

"你留在这里,我去解决掉。这里相对安全些。"雷狮刚要走,被安迷修拉住,“我也去。”

“那是我的后辈,我没有道理干坐在这里放着你乱来。”

“切,自己都走不动了还在逞强。”

“我只是不想在无谓的地方浪费体力而已。”安迷修扭头。

“死了可别怪我没提醒你。”

“原话奉还,恶党。”

靠着雷狮的雷神之锤,两人迅速在石堆中清出一条道来,速度比起之前安迷修的勉强一击快了不知多少。

外面的宫殿早已变成一片废墟,不少游客甚至被石块压在下面,惨叫声哭声混在一起,不知死活的更是数都数不清。而在毁灭源的地方,是一个黑洞般模糊的身影,仿佛要吞噬一起光线。

“怎么会……这么肆无忌惮地破坏,就不怕引来联盟的绞杀吗!”安迷修下意识掏出通讯器,得到的是一片盲音。

“没用的,光是那家伙引动的灵力潮汐,就足以让这东西报废了吧。”使用灵子的通讯器,这种情况确实相当不利。

"而且绞杀?开什么玩笑?纯粹是单方面的送死吧?"

"你自己也能感受到他的强度,我说,你不会觉得你能一个人打倒他吧?"雷狮举出一个又一个例子,安迷修没有反驳,只是死死盯着那个大肆破坏的怪物。

“那又怎样啊!”他吼了出来,“我知道我打不过他,他比你还强,我连你都打不过,但是那又怎样啊!”

“他在破坏,那么多人都在那里,你要我眼睁睁地看着他们去死吗?”

“我发誓善待弱者;”

“我发誓勇敢地对抗强暴;”

“我发誓抗击一切错误;”

“我发誓为手无寸铁的人战斗;”

“我发誓帮助任何向我求助的人。”

“我将用生命守住自己的誓言。”

“别在那里废话了,要上就上吧!”雷狮率先冲了过去,灵体化的身躯放大到和黑洞同等大小,雷神之锤狠狠砸在身上,对方也感到了痛觉,伸出手抓过来。

“别无视我啊!”旋风轰在阴影的手上,击退了来势汹汹的攻势。

两个人合作着抵抗,还是落入了劣势,完全没有破局的机会。

“你这混蛋,不是说找到了就会走吗!这么久了整个雷王星也该被你翻了一遍了吧!怎么还不滚啊!”又是一轮攻击的交换,雷神之锤被打飞,雷狮的咽喉被死死掐住。

“他……他在哪里……告诉我!”

“你,身上有他的……味道。”对方的手忽然伸向安迷修,“他在哪里……?”

安迷修没有办法躲避,无论是体力还是灵力都几乎消耗殆尽。

而他没有任何办法抵抗,对方是强的离谱的怨灵,甚至连同为鬼王级别的雷狮也无可奈何。

“安迷修!”在被巨手覆盖前的一瞬间,他感觉自己被什么温暖的事物拥入怀中。

“嗯!……”雷狮痛苦的呻吟传来,安迷修透过他有些透明的身躯,心跳漏了一拍。

他用后背承受着黑洞可怕的攻击,身躯被撕裂开了一个洞,百年来积蓄的灵力不断化成光点散溢开来,似乎是要逼退对方,他甚至主动燃烧起那些灵力,黑洞的手上也沾染上了火焰。

“怎么样,还要留在这里吗?”雷狮虚弱的嘲讽传来,对方也识趣地放手。

“那里……他的味道……更浓。”黑洞缩小身形直到消失不见,雷狮松了口气,“总算走了,这个怪物。”

“雷狮!你……”安迷修看着对方背后的可怖破洞,张口却不知道说些什么。

雷狮要死了,因为自己的缘故。他无比地内疚,但是什么都做不了。

他什么都改变不了。

“啊,你说伤口吗,我也知道啊。”即便知道自己即将消散,雷狮却还是一副什么都不在乎的样子。

“搞不好吸收了你这个灵力充沛的驱魔人就能恢复呢,虽然弱了一点,好歹也是自称S级的家伙呢~”

“真的吗?这样就可以了吗!”安迷修心里顿时燃起希望。

“你果然不是一般的蠢,稍微骗你一下就相信了。”

“呃……”安迷修一时间不知道该怎么应答了。

“你一定觉得之前惨败的太子会比我强吧,按照你们怨念那套说法。实际上他根本不是我的对手,因为我的执念更加坚定。”他的眼神意外专注。

“我的执念是你,安迷修。我一直希望哪一天能得到你的承认,哪怕是被你亲手杀死后。”他没有玩笑的意思。

“我想起来了,雷狮。”安迷修低下头,声音有些颤抖,“你一直都是喜欢我的吧。”

“对不起,其实我也……”

“够了!骑士,你还真是不会撒谎啊,演戏都这么不像。”

“我……”

“不过能让你违背骑士宣言说谎,我还真是荣幸啊。”他脸上笑容不减。

“你记不起来,我不怪你。”火焰的旺盛程度有增无减。

“我已经等了一百多年了,不在乎多等一点时间。”他的身形逐渐溃散,像星星一样在空中飞舞。

“我的执念也算是完成了,你可以回去交差了。”他笑了。

“你再也不会做那个奇怪的梦了。”

“如果可能的话,真希望下个轮回,能好好听你认真表白一回啊。”安迷修下意识去抓他的手,摸到一片虚无。

“雷狮……”

记忆如潮水般不讲理地涌入大脑,有关雷狮的,他自己的,全部回来了。

仿佛要溺亡的痛苦充满心脏。

上个轮回的他,为什么会做出那样的事啊!

记忆终于恢复的人,等着他的人却已经不在了。

【我也喜欢你啊!不比你少丝毫的喜欢!】

【一切,都得等到下个轮回了吗……】

—————————————————————————

对了,还有之前那个奇怪的怨灵,必须要报告联盟!

他打开通讯器,却发现最高级的频道已经有人先一步发出来消息。

仅有几个高级驱魔人和联盟干部的频道上面赫然显示着三个大大的感叹号。

是银爵!

不过看上去好像也有干部介入了,既然是银爵,应该不会有问题吧。

稍后,安迷修在远离战场的地方找到了艾比和埃米。

“战斗不行,跑路倒是挺快的嘛……”

“那当然了!”埃米一脸无奈,“总不能待在原地不动吧。”

“还有啊,白痴骑士!你让人担心死了啊!”艾比的拳头狂风般袭来。

“算了,”安迷修摸了摸后辈的头,

“回家吧。”


























一发入魂。这是入坑的第一个橙卡。。。欧气在燃烧。。。

非典型日常(黄少天生贺)

ooc山堆,自行避雷。
为了剧情需要请无视时间线。
无脑沙雕段子生贺,讲的是黄少天被队友欺骗感情,差点以为自己要被嘿嘿嘿嘿,结果只是嘿嘿嘿嘿嘿的故事。
原谅我这个卡文卡到死的渣渣。。。
感谢一起推荐关注喜欢评论。
以上。

黄少天醒来时发现自己躺在一张床上。

确切地说,应该是黄少天在蓝雨宿舍的床上被活活热醒了。

黄少天走出宿舍门,看见其他人也已经早就被热出来了:喻文州即使满头大汗也依旧保持着优雅,卢瀚文热得在大厅里乱跑,郑轩原本就无精打采的脸显得更加压力山大了,连平时淡定的宋晓和徐景熙都一副恹恹的样子。

“队长你们,这是停电了???”黄少天有点难以置信,蓝雨的硬件在整个G市都算得上顶尖,如今居然出现断电这种情况,实在是有点匪夷所思。

“呃,是啊黄少,真是奇怪啊哈哈哈……”卢瀚文有点不自然地回答。

“我怎么觉得你反而更奇怪呢……”

“好了少天,既然停电了也没办法进行日常训练了,所以我们决定……”

“去网吧开黑店抢叶不修BOSS?”黄少天两眼放光。

“不是,去网吧会被粉丝包围的, ”喻文州有点汗,“是去趣冰室吃点心。”

“哦哦哦,这个不错!有空调!”光芒更甚。

“黄少你有点追求,不要为了一个空调就那么激动。。。”

“宋晓前辈你把自己头上的汗擦掉再说这话。”卢瀚文在一旁打岔。

“小卢你被黄少带坏了。。。”宋晓无力地吐槽,同时擦了擦头上的汗。

“总之少天你先去换个衣服吧,总不能穿着队服出去吧。”喻文州及时制止了话题。

“啊队长队长你们怎么都换好了好狡猾啊啊啊啊!”黄少天表示强烈不满。

“真希望郑轩有一天能有像黄少这么精力旺盛。。。”

“压力山大啊。。。”郑轩无精打采到几乎说不出话来。

“我们早就醒了,只有黄少你这么神经迟缓吧。。。”

“小卢你这么不尊重前辈等着jjc吧。。。”

“少天~”,喻文州加重语气,“快点,要走了。”

“好的队长等我换完衬衫!”毕竟换衣服也不是什么高难度的事,几分钟就能解决。

蓝雨全员戴上了墨镜,在大太阳的广州并不显眼。再加上喻文州选的又是近路,到达目的地的一路上倒是没有被人认出来。

“大家要喝点什么?”占好桌子后喻文州招呼其他人点单。

“我要……这个柠檬气泡茶。”卢瀚文第一个做好决定。

“那我就点个蓝莓果粒吧。”宋晓点了点目录上的店主推荐。

“双响炮吧,冷气好舒服,不想说话了。。。”郑轩菜单都没看一眼,直接趴桌子上了。

“我要杨枝甘露。”徐景熙。

“少天呢,要喝什么?”喻文州看向唯一还没开口的黄少天。

“啊,我跟你喝一样的就行了。”这种酷暑下,一堆宅男能坚持走到这里已经实属不易,何况之前黄少天一直说个不停,体力也差不多了。

“老板再来两份蜂蜜柚子茶。”

“咦队长你怎么知道我喜欢喝这个?”黄少天抬起头一脸疑惑。

“看记录就知道了,你上个月点了十三杯饮料,有十杯都是蜂蜜柚子茶,然后好像还自己买了调料试着做了吧?结果失败了全部倒掉垃圾桶里了……”喻文州缓缓说着。

“等等队长这是隐私吧!偷看隐私是犯法的吧喂!”

“完全没必要偷看啊,因为月底的时候清洁人员找我抱怨了,你没有发现自己奖金少了两百吗?”温和的笑容依旧,大家突然决定店里空调功率有点太大了。

“队长你这样会失去我的……”黄少天装出一脸忧伤。

“好了,既然无事可做的话,大家要不要来玩游戏?狼人杀!我们学校里可火了!”卢瀚文及时转移话题。

“好啊。”

“带我一个!”

“既然小卢都这么说了,我也参加吧。”

“我也……”

一群人甚至拉了几个同来的轮换队友过来玩。

“喂你们这些家伙就这么选择性忽略我了?队友爱呢!”黄少天泪流满面。

“黄少,”宋晓扭过头,“队友爱这种东西。”

“在我们蓝雨转来女孩子之前,”徐景熙接上,

“是不存在的!”卢瀚文大声总结道。

“嗯。。。”郑轩懒洋洋地附议。

“虽然很残酷,但这就是事实,我当上帝吧。”喻文州还是淡淡的,“少天,玩不玩?”

“玩!为什么不玩!你们给我等着!”黄少天看着他们早有准备地掏出身份牌,气冲冲地加入战局。

然后他就很无语地抽到了村民角色。

身边昔日的队友看起来都很险恶的样子啊,黄少天开始思考人间是否值得。

“天黑请闭眼。”

“狼人请睁眼。请选择你要杀的人。”

“狼人请闭眼。”

“昨天他被杀了,请问你要救吗?”

“好的,我知道了。”

“天亮了,今晚死亡的是小卢。”

“小卢,你怎么就这么走了!到底是谁!这么狠心残害了我们可爱的小卢!”黄少天抓紧向卢瀚文扑过去一个熊抱,声情并茂地开始发挥。

“黄少,我看见了。那个人……那个人他有一头黑发,他的脸很长,在我走在小路上的时候,他趁我不注意,一口把我吞了下去……黄少,我走了,你要……小心……”卢瀚文心领神会,临场发挥出色。

“小卢!郑轩,是不是你!就是因为小卢上周吃掉了你的布丁,你就对他痛下毒手!(卢瀚文:黄少你别说啊,轩哥之前还不知道是我吃的呢……)还有徐景熙!身为一个奶,居然能见死不救,太让人失望了!(徐景熙:我只是职业是守护天使,不代表我在狼人杀里面也能奶啊,我也很绝望啊。)”

“接下来开始投票。”喻文州悲哀地看了自家的两个戏精,继续游戏。

“一定是郑轩,我票他!”

“黄少我不是我没有,我是一头好村民……我票宋晓。”郑轩毫无干劲地辨解。

“那我也票宋晓好了。”徐景熙一脸冷漠。

“同楼上。”

“同上。”

“加一。”

“喂喂你们怎么都票我这个老实人, 那我就投我自己好了……”宋晓无奈地摊手。

“…………”喻文州感觉整个蓝雨都有毛病了。

“天黑请闭眼。”他只想快点进入正题。

今天联合他人把黄少天引出来的真正目的。

“昨天晚上,狼人杀了女巫,女巫毒死了猎人,猎人又带走了狼。我是预言家。”黄少天一本正经地胡说八道。

“开始投票,这局死的是郑轩啊。”喻文州已经麻木了。

“天黑请闭眼。”

黄少天跟前几局一样闭上眼,却迟迟没有听到喻文州像刚才一样发号施令,只有轻微的窸窸窣窣的声音传人受过长久训练的耳朵。

“快点……不然等……黄少……就……”

“知道了,你别催,我不也……备……工具吗,这刀怎么这么钝啊!”迫不及待的声音,不知道是谁。

“哎呀你蠢死了……还好我……早准备了……一把……店里,把黄少……稳住啊。”轻微的骂声。

“对了,还有……最……重要的……那个,没有它……黄少的……就不完美了。”断断续续,听不太清楚。

“这里呢……我可是准备了很久……最适合……黄少……的……”这是,小卢?

“队长……好了吗?”黄少天尽量控制住自己的声音不颤抖。

“啊,稍等哦少天,这局的狼人,准备工作稍微有点久。”喻文州声音一如既往的平和,黄少天头上已经伈出了冷汗。

【怎么办怎么办连队长都跟他们合伙了吗不对不能随便下定论队长不是那样的人队长一定只是在拖住他们我也得想办法到底有什么办法啊直接逃也太难了吧就算逃得掉媒体对蓝雨会怎么样……】

一只手轻抚上了黄少天的头顶。

“少天,好了哟~”

“啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!!!!!”黄少天忍不住浑身一抖站了起来,然后看见自己的一帮队友聚在身前,手里拿着……

一盒电视机那么大的蛋糕盒。

“黄少你叫什么啊!吓死我了!”宋晓抱怨道,卢瀚文似乎刚刚躲到他身后。

“本剑圣才是差点被吓死的那个好吧!”刚从死亡幻想中脱离的黄少天有点不解,“话说你们这是?”

“明明说着什么剑圣,结果连自己的生日都记不得了啊。”宋晓打开包装盒。

“生日快乐,黄少!”盒子里装的是蓝色的海洋慕斯蛋糕,上面插满蜡烛,最中间的是蓝雨队徽形状的蜡烛。

“今天……是我生日啊。”

“黄少这个蜡烛是我去定制的,好看吧!”卢瀚文目光闪烁,紧紧盯着他。

“嗯,很好看。”不过要烧了队徽怎么总觉得有点不吉利呢……

“好了,都坐好。”喻文州伸手点了蜡烛,朦胧的黄光映在脸上,总觉得温馨地有点,不真实,“少天,许愿吧。”

黄少天双手相扣,虔诚地闭上眼睛,就像任何一个过生日的男生一样,欣喜而稍带紧张。

“我希望蓝雨能转来几个妹子,助我早日脱单。”睁开眼黄少天看见蓝雨的几个汉子正用幽怨的眼光看着他。

郑轩:“黄少……”

徐景熙:“愿望说出来就不灵了…………”

“啊哈哈,忘记了。。。”黄少天心虚地打哈哈。

“没关系的,”喻文州开口,“每根蜡烛都能许愿的。”

“嗯!”

我希望我们蓝雨能拿冠军,很多很多的冠军。

我希望蓝雨还能有,无数个,这样的夏天。

我们,蓝雨,夏天,和冠军。

“吃蛋糕了!”拔下蜡烛,寿星开始切蛋糕,“来来,小卢吃最大的一块!”

“谢谢黄少!”

“诶小卢你奶油蹭嘴上了,我帮你擦擦!”黄少天凑过去把奶油撇掉……然后抹到了郑轩脸上。

“黄少我们何愁何怨……”郑轩躺枪。

“大概是因为只有你不会反击?”宋晓在旁边推断。

“谁说的,看招!”郑轩默默吃了一口,伸长胳膊奋力把剩下的部分扣在离得最近的徐景熙头上,“汏!”

“宋晓你看你干的好事,给我受死吧!”徐景熙接过蛋糕大战光荣的圣火,把手里的蛋糕全部糊到宋晓脸上。

“等等啊!带我一个!”黄少天左右各拿着一块蛋糕加入战局。

喻文州觉得这个破队吃枣药丸。

(最后所有人让蓝雨的专车接了回去)

就在几天之后,电竞总局发来了邀请函。

“欢迎参加世邀赛国家队,黄少天,喻文州!”

“用实力,拿下冠军吧!”

————————————————————

分隔线

事后,店内。

店员:“店长,这么乱怎么收拾啊,你之前怎么不劝一下?”

店长:“忍着,我们这鱼塘今天被他们承包了。”

店员:“……那我去收拾?”

店长:“别!在蛋糕馊掉之前都留着!”

店员:“没想到店长你居然隐藏着痴汉属性……”

店长:“到时候我们就能宣传这是蓝雨扔的蛋糕,就会有一大堆人来我们店里!”

店员:“店长我都不知道你这么有商业头脑……”

店长:“然后就会有一大堆妹子光顾,我就有机会脱单了!”

店员:“撤回前言。”

ps:话说被蓝雨光顾过的店的店长真的有机会脱单吗。。。。。。

点我看沙雕店长